読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road To Nowhere

主にWebまわりのエンジニア的なお仕事に関するようなことのあれこれ。

キュレーションについて

最近「キュレーション」という単語を何度か見かけて、ちょっと調べてみるとCGMサイトに携わっている身としては刺さってくる内容だったのでメモ。

キュレーションて何?

まずは佐々木俊尚氏のこの記事。
キュレーション・ジャーナリズムとは何か | 佐々木俊尚公式サイト

キュレーションという言葉に、的確な日本語訳はない。私はこう定義している。「キュレーションは情報を収集し、選別し、意味づけを与えて、それをみんなと共有すること」。

また、キュレーターというのは学芸員を指すとのこと。
ふむふむ。何となく分かったような、でもまだピンとこないような。

次の記事。
キュレーション 王者グーグルを追う人力の新興勢力

2ちゃんねるまとめ」、「togetter」、「NAVERまとめ」とかなじみのサイトが出てきた。
佐々木俊尚氏の定義と合わせて考えるとだいぶキュレーションがイメージできるようになった。
最初は集合知を洗錬した役立ち情報を得るというイメージだったけど、どうもネタ系というかおもしろ系サイトばかりだな。


その他、参考記事。
キュレーションはメディアを救えるか?
キュレーション時代の幕開け
NAVERが「まとめ」をリニューアル――作成者のキュレーション活動を加速

代表的なWebサービス

2ちゃんねるまとめ」や「togetter」のように結果キュレーションの役割を果たしているというのではなく、
キュレーションという概念を意識して実践している(であろう)サービスをいくつか挙げてみる。

NAVERまとめ

キュレーションについて調べるとかなりの確率で挙げられている代表的なサービス。
公式ブログでもキュレーションに最適化しているサイトだと言っている。
投稿ユーザーが自由にテーマを決められるのも面白いし、そのテーマにそってみんなで作り上げていくのも面白い。
役に立つというよりもついついだら見してしまう。ネタ系の印象が強い。

OneTopi

このサイトの特徴は一つのテーマに対し特定の一人(キュレーター)が情報をピックアップしているということ。
一人なので筋の通ったまとめができるんだろうけど、いいまとめ情報になるかはキュレーターのセンスによる。
というか、これだとブログやtwitterと変わらんのではないの?
専門家によるキュレーションというのはいいと思うんだけど、ネタがつきたのか(あるいはモチベーション?)更新が止まっているものも散見されるしちょっと残念。

タウンノート

こちら東京(とソウル)に絞ったローカル情報のクチコミサイトで、キュレーションしてるのがみんなのタウンガイドという機能。
NAVERまとめのように投稿ユーザーがテーマを決め、それに合ったスポットをまとめたもの。他のユーザーもスポットを追加できる。
まだユーザーが少ないサイトなので数は多くないが質はよい。
ノマドワーカーにオススメの電源や無線LANが借りられるお店
週末に子どもとお出かけするスポット(首都圏近郊)
このへんのまとめは個人的に参考にしている。


他にもあるかもしれないけど、今日はこのへんで。

雑感

キュレーションを志向するWebサービスに関して言うと、不特定多数でまとめるときにどう質を担保するか難しいなと。
最初は比較的善意のユーザーが多いかもしれないけど、荒らし的なユーザーも当然いるわけで。
テーマごとに管理人を設けるのも手だけど、そうなると管理人の手腕に質が大きく左右されることになる。
またOneTopiのように一人の専門家という風になってしまうと、それってブログやtwitterと変わらない気がするしな。
数人の共通認識を持ったメンバーでというのがいいのかもしれないけど、バランスが難しいところだ。


ちょっとキュレーションとは離れて、世間にはたくさんのクチコミもしくはレビューサイトがあって、
それらが成功しているかどうかの判断はたくさんレビューが集まっているかどうかだったりすると思う。
ところが最近そういうサイトを見ていて思うのは、例えば一つの商品に対してレビューがいくつも投稿されているんだけど、
どれもこれも自分の言いたいことを言っているだけで客観性のないものばかりだととても残念になる。


nanapiやcookpadのように投稿のハードルを上げて質を担保するやり方もあるが、雑多なレビューの中から何らかのテーマでそれらのレビューをピックアップするキュレーションというのも一つの方法なのかもしれないなんて思った。

最後に

キュレーションについて見る側の立場でまとめたり思ったことを書いてみたりしたけど、自分自身が実際に情報を収集して、選別して、意味付けして、共有することもすごく重要かなと。
ということで、キュレーションについてキュレーションしてみたというオチ\(^o^)/